新年まで あと

あんまり元気ない人向けのページ(仮)

11/25:なんかやるっつってなんもしてなくてすみません。思っていることを文章で伝えることに限界を感じていて、来月動画を撮りに行こうと思います。お楽しみに。


子どもの頃に受けた心の傷は一生モノです。

このページは学生の頃、毎日を暗黒の気分で過ごしていた私が過去の自分を救済するべく、そして同じような境遇にある方の生きづらさや息苦しさや胃痛を頭痛やいくらか和らげるべく書くものです。

このページはたった今投稿ボタンを押しておしまいではなく、以下のもくじの見出しの各項目について、個別に記事を書いて思っていることを詳しく書いていくものです。また、何か活動をする時にお知らせするページです。

もくじ


納得

  • ストレスの理由が納得できれば解決できないまでも楽になる。分からないまま苦しいのが一番怖い


子どもは何も分からない

  • 大人と同じ考え方ができるようになるのが12歳ごろらしいので高3でも実質5歳*1
  • まだ5歳なのにもう残りの人生を決めなければいけないので大変
  • そんな大変な時に別の問題が加わると途方に暮れてしまう


大人も何も分からない

  • 周りの大人の95割は学校サボったことないので、学校に来ない子どもが何を考えているのか知らない
  • 知らなくても困らない
  • そんな大人たちとどんなに関わりたくなくても頼る以外の選択肢がない


「2」という数字

  • ストレスが2つ重なると身動きが取れなくなる
  • やりたい理由を2つ見つけられれば一気に駆け出せる
  • 2回嫌なことされたらもう関わらない。他人を変えることはできない


何もかも今のままじゃない

  • 落ち込むことがあったとして、それは今が「よくない時期」だというだけ


「死にたい」のは「生きていけそうない」から

  • 周りが勉強している間、生きることと死ぬことばかり考えている(哲学)
  • 自分のために何もできなくても、誰かのためなら頑張れる


「普通」のことができない時は何かが普通じゃない

  • 普通に家族円満・普通に五体満足・普通にみんななかよしならこんなページ誰も開かない
  • すべての出来事にきっかけやフラグや原因がある


どういう時に死ぬのか理解する

  • 自殺とは人間サイズの動物を一人殺すことである
  • 「死にたい」と頭で考えている間は死なない。「死のう」まで追い込まれたら勝手に体が動く
  • 一線超えるのは一人では生み出せない量のストレスを一人で抱えた時


じゃあどうすればいいのか

  • ・・・


世界

  • 地球の歴史は途方もないので知らないことがたくさんある
  • Wikipediaで歴史上の事件とか拷問方法とか戦国武将とかの記事読むと「人が死ぬのって大変なことなんだ・・・」ってなるかもしれない


一言(10/25)

今年の3月、「自殺する人が増えている」「自殺の相談窓口のボランティアが不足している」というニュースを見ました。

私は学生の頃、あんまり学校に行っていませんでした。「毎日学校に行く」みたいな誰にでもあったり前にできるふっつーのことができないのはとんでもないストレスですし、こじらせすぎてはっきり死のうとしたこともありました。骨折だけで済みましたが、あれがなければ今、肩こりで落ち込むこともなかったかもしれません。


私は先のニュースで紹介されていたボランティアに参加することにしました。問い合わせたところ、毎年12月に募集を開始しているようでした。

私はなんやかんや5年くらいやっていたホームページ作る仕事をあまり深く考えず辞め、介護施設で働きつつ社会福祉主事という資格を取ることにしました。どの相談窓口も実際に活動させてもらう前にはしっかり研修があるみたいなのですが12月まで待てないし、それまでに何か役立ちそうな知識を仕入れておきたいと思ったからでした。大人になると気軽に年単位で予定を立てますし、数か月平気で待てます。気楽なもんです。


あの時こうしておけばよかった。戻ってやり直したい。そういうのはないです。ただ知らなかったんだと思うだけです。そして、知ってほしいと思うものです。


www.cmons.me↑前回