しもんず

↑映画の話

新時代到来

 来る9月8日(土・祝)、ツルギデッキ 【シャイニングチャージ】/白夜王ヤイバデッキ 【ダークラッシュ】の発売を持って、バトルスピリッツは新たな時代へ突入する。

 この二種の新商品は、今秋スタートする新シーズン『剣刃編』を牽引する構築済みデッキで、同編の目玉である新型ブレイヴ「ソードブレイヴ」、新効果「強化(チャージ)」「連鎖(ラッシュ)」を持つ新規カードが収録されており、新環境の訪れを感じさせられるものとなっている。

 そんな新時代の到来を間近に控え、今回は覇王編の環境を戦ってきたスピリット達に新シーズンへの意気込みを伺った。


『まだ(詳細なテキストを)確認していないが、良い関係を築いていきたい』(焔竜魔皇マ・グー氏)
 各弾毎に幅広い色の戦力を組み入れ、常に強化発展してきた彼らが見せるであろう新境地に目が離せない。


 
『これからはチームのサポートにも力を入れていきたい。新ブレイヴ登場ということで、キャンサード氏に期待』(蜂王フォン・ニード氏)
 エースとしての決定力はやや落ちたものの、中継ぎへのコンバートも視野に入れている模様。選手層の厚さが伺える。


『(フィニッシャーというポジションについて)二度目はないと思っていたが、状況が変わってきた。チームの為にも頑張りたい』(巨蟹武神キャンサード氏)
 覇王編では二番手として抜群の安定感を見せた彼。不動の「緑」の看板として、通算三年目のシーズンが始まる。


 
『出来ることをやっていくだけ』(鳥獣烈神ガルード氏)
 常に自分のフィールドで戦うことで実力を最大限引き出してきた彼。新勢力の登場もどこ吹く風だ。


『(デッキは)破棄されないとあるが、そんなことはないと思う。逆境を打ち破る更なるパワーで破棄していきたい』(鉄の覇王サイゴード・ゴレム氏)
 独自路線を突き進むチームデッキアウト。相次ぐデッキ破壊メタに対する回答は「腕力」がキーか?



『別に…』(天使アルケー氏)
 天衣無縫の放埒天使は新環境でもおかまいなしだ。



『バーストというシステムにはだいぶ順応出来てきたように思う。やりますよ』(エリマキリザード氏)
 コスト踏み倒しの常習化に割りを食った感のあるウィニー勢最古参。環境最速の意地を見せるか。


『前へ前への精神がうちのチームのモットー。どんな相手が来ても怯まず攻めの姿勢で』(銀狼角氏)
 伝統あるチーム・むらそくに新たな風を吹き込んだ、若きエースの熱き闘志に引き続き注目だ。



『覇王編は兎に角スタンドプレーが目立った。星座編で確立したスピリットとブレイヴのチームプレーこそがこのゲームの醍醐味であると考える。新型ブレイヴの登場は喜ばしいニュースだ』(滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ氏)
 ヤマトによる火傷、14000ライン*1への度重なる衝突等、故障に苦しめられた今シーズン。待望のブレイヴ環境にて復権なるか。


(獄龍新聞8月28日分三面より抜粋)

*1:アシュライガー、リュービ