2022/1/1から 経ちました。

ショップバトルレポート1124&25

24日

  • 会場:カードオブパラダイス
  • 参加人数:18人
  • デッキ:【不死】

 最近出来たデュエルガルド三号店に行く予定だったがkzmが寝坊したので徒歩でいけるカーパラへ。

 久々に走った二人は虫の息で席につく。机上にライフ・リザーブ(らぁめんハンター)などのフィールドを展開するkzmに対し店長『アイマスガチ勢かぁ〜?』k「そうで〜〜す」



一回戦 VSとなりさん 【太陽】
 【嫁ループ】*1の第一人者で知られる精鋭。活火山の中から蘇るプロミネンスドラグーンに対し、マグーやバァラル等覇王編のカードを用いて勝利。しかし隣に座ってる人のスリーブがわたし気になります。◯


二回戦 VS 【マグー】
 こども。その小さな手で行われたデスカットからの初手サイゴー2枚見て血の気が引くが、ディエゴを焼きにフェニキャが飛んできてそのままイージーウィン。あっぶねぇ・・・◯


2.5回戦
 「歳納京子ー!」 隣の京子スリーブの人『・・・(真顔)』 「い、いうて歳納京子が一番かわいいですよね。」 『ええ!』 「いやぁ〜今日デュエマじゃなくてよかったですよ。シールド殴れないですよ」 『「HAHAHA!!!」』

 この日は天気が悪く、店内のガラスには霜が。暇なので落書きして待つと数分後店長『水垂れてチーナの絵みたいになってますよ』*2 「!!」

 そして三回戦の情報を集めようと後ろの卓を覗きこむとあまりにも光り輝く大銀河、そしてリブラとキャンサード。顔見えないけどこれなくす氏だろ。お前今日人に会う予定があるとかで帰ったんじゃなかったのかよ。今日までSBで十二宮デッキみたことないのに急に現れるしこの街はいつまで星座編なんだ。どうやら牛はいないようであのデッキは【大北海道展】ではなく【青森フェア】あたりと推測された。◎

 
三回戦 VSkzm 【マグー】
 事実上の決勝戦。お互いにじっと戦力を整えつつターンを回す。最初のマグーをデッバラで落とし、返しで灼熱の谷でパンプしたマグー14kでボクシングがスタート。バァラルを用いて空気を重くするも、谷はプレミでアシュラに割られ攻めづらくなる。ライフチャージ後ストラングルフォッグが飛んでくるが、先攻だった為ギリギリ効かなかった。最終的にライトブレイドラの群れからのカグツチでストアタを引き込んだらしいが、虎の子のスケープゴートでなんとか耐え切り返しのターンで勝利。この時点で全勝者は三人。◯


四回戦 VS 【緑】
 事故気味の相手に対しようやく肩が温まったのかブルペン(デッキ)から出てくる滅神。魔具でスピードを削ぎつつ絶甲集めつつ展開していき、滅神の拳が“氷河期の盾(アイスエイジ・シールド)”すらぶち抜き*3残りのライフを打ち砕いた。次はローアイアスでも持ってくるんだな(調子)。もう一人の全勝者にkzmが負けやがったので五回戦が発生。◯


決勝戦 VS 【緑】
 この前メフィストで焼き払ったゲームボーイのカードリッジケースをコアケースとする紳士。いいなぁ〜真似したい。

 はさておき決勝スタート。谷→まぐ→ま・ぐー→ダノヴァというプレイヤーの意志に呼応しすぎるギャラクシードローからのトップリュービさん「やります!レベルあげます!!オレがやります!!!任せてください!!!!」でもう完全に脳がスパーク。マグーで2コアだけ戻してリュービ無理くり出してバルカンアームズを呪う等常軌を逸したプレイングが散見されるも、ペンドクからの滅神パンチでライフ2手札3バーストなし場には疲れきったゴクラクバードのみまで追い詰める。

 ヘビどもで万歳アタックしてノーガードならそのまま勝てる、どころか手札のライフチャージからのアグラ芸で滅神を叩き起こせばあと3打点は稼げる状況でまさかのターンエンドコールに自分の耳を疑うが時既に遅し。非公開情報のあるゲーム。オカルトは信じないので幽霊はいないし肝試しとか超行くのに見えない手札に怯えてしまう。ここ一番で脆弱な精神が無意識の内に退路を探してしまうがまぁでも次ターンしのげばいけるっしょ!ついに初優勝かぁ胸が熱くなるな。


 『ゴクラクにバルカンアームズでドロー。・・・ヒョウカッチューで二体寝かせてそのままカッチューは破壊』 「あっはい・・・(絶望)・・・ぁいや、出ないです!!!カッチュー出ない!!!ダメです!!!!」さすが滅神!!!!!!!!!しかしバルカンはカッチューどころかクロークも持ってきていたのであった・・・のであった・・・あった・・・ぁ・・・・。悪夢再び×



結果:2位
 プロモパック(ミツジャラシうめぇ)と今日だけ使える1000円分の商品券を貰いました。

 「なんか要るカードあったかなぁ・・・パックでもいいですか?」 店長『いいですよ〜(唯一在庫のある剣舞う世界を指さしながら)』 「あっ(察し)・・・考えます!」

 「おっオリバーイケメン。バラガンで戻すと強いらしいで」 「テレポートチェンジ!ヘレンが殴ってきたと思ったらメフィ子が殴っていたァー4枚オープン!とかやりたいね」 k『いらないでしょ!』 結局ロードワンケンゴーとサンダーブランチを買って帰宅。


25話

  • 会場:トップボーイ
  • 参加人数:19人
  • デッキ:【不死】

 新潟の一週間を締めくくる日曜午後4時スタートのSBにはまぁいろんな人がくるみたい。

 昨日最後ペンドクじゃなくてペンドラならフローレンス釣れたなぁと思いジャイナガンを一枚ペンドラに。



一回戦 VS 【緑】
 常勝勢。昨日準決勝まで息を潜めていた滅神が初手にいて幸先が悪い。ディエゴが処理できないらしくバァラルでブロッカー退かして滅神パンチで勝ち。◯

 
二回戦 VS 【ネロマグー】
 未だに初戦あたりは緊張するのでこどもと他愛もない会話をして心の平静を得られるとアドですな。スコアシートに記された一回戦で倒した相手の名前を見て「絶対勝てないよ〜」とか言っててなかなかするどいじゃん?ディエゴがケルベロードを止めて時間を稼いでいる間に展開が間に合う。◯


三回戦 VS 【パトラスマグー】
 常勝勢。マジックブックでデルタバリアを含む7枚オープン。からのゴッスレで魔具が谷がヘビどもがリソースがゴリゴリ削られかなりマズい状況。こちらのマグーはボトムに行くも戦場に降り立つ滅神。BP13kと不死で殴っていく。残り2点まで削った所でジャイナガンがボトムへ送られアグラの餌がいなくなりここで制限時間間近。相手はドロー連打からマグーを並べてジェロニモンドも召喚して猛攻をかけ、これはスケープゴートでトリクター+バースト絶甲でしのぐ。破壊時ドローでペンドラとサイゴー、ラストターンのトップもサイゴー。うーんこの・・・ペンドラじゃジェロニモ退かせないのでやっぱブレイヴはいらんな(迫真)×


四回戦 VS 【緑】
 上位賞を賭けた最後の相手はめっちゃ気さくな人。バァラルでも展開を縛るもドローが全部スピリットで防御に欠き、蟹&カマキリのツートップからのバチョウ→バチョウ→バチョウがおーん。店員さんのスコア集計を見つつ蟹座の良さを語り合いつつブレイヴ35話の良さを薦めて帰宅。×



結果:賞品圏外
 25日は悪いプレイヤーも散見されたようですが運悪く当たりませんでした。育ちの悪い人のはなっぱしらを折るためにも精進しようと思いました。はぁ誰しもいい歳こいてつまんない意地張ってしまうな。


 この前kzmが来た時言っていた『ゴミでゴミを引くデッキはゴミ』という至言を聞いて思うところもありました。コンボデッキが好きなせいか「ゲームの組み立て方」を意識し過ぎてしまう(あれだしてこれだしてこうやって勝つみたいな)けどそれじゃきついとか、腐りにくいカード(≒強いカード)で固めれば勿論安定しやすいとか。

 性格的にどうしても抜けてる所があるから同じデッキで戦ったら負けると後ろ向きに考えていたけど、やっぱオリジナルで強いデッキを組む才はないというかそもそもベースが出来てないよなぁとか考えて人のデッキを試してみたり。プレイングは100マス計算でもしてベースの脳を鍛えるべきか?なにより弱い心を鍛えないと。男子たるもの闘争には勝ちたい。

*1:ループからのバイコーンに乗ったトリックスターがリバーシブルスパークを用いて全スピリットの頂点に立つデッキ

*2:そこまでは言ってない

*3:アグラ芸