激甘ギルドスクショ集

撮りためたDREAMスクショがストレージに一生残っていたのでアルバム的な感じでまとめました。

もくじ

前回

ギルドのススメ【#コンパスプレイ日記】入っているギルドのマスターが行方不明になってしまったため、代理でギルマスになりました。つきましてはメンバーを募集します。 ギルドミッションのギルドです。無言OK。なんと今なら加入していただくだけで毎週チップやメダルがもらえます。 どのランクの方もお入りいただけます2021-02-21 00:00↑ こっちを先に読もう!!!


スクショ集

令和2年7月(4枚)


画像を←にスワイプすると次の画像が表示されます。



令和2年8月(2枚)





令和2年9月(4枚)





令和2年10月(6枚)





令和2年11月(3枚)





令和2年12月(6枚)





令和3年1月(2枚)





6月お題&メンバーリスト(11枚)



あつま

あとがき



去年の2月、膝に爆裂魔法を受けてしまった私はコンパスから逃げました(コンパスから逃げるな)。ギルドも抜けました。


それからゲームらしいゲームもせずボーっと生きていたある日、Twitterで一枚のスクショをもらいました。




読んで思いました。私はこの人に何も返せない。そして過去、ギルドで同じ時間を過ごしてくれた人たちにも。


たかだか1ゲームの1コミュニティ。たまたま居合わせただけで、言うほど誰も思い入れはないのかもしれない。私も高校のクラスの思い出ほとんどないし(あっ・・・)。でもこのギルドで過ごした日々はありえんほど心に食いついていて離れない。

もっとできることがあったんじゃないか。ゲームはやめたらそれっきりなのか。後には何も残らないのか。







たった3日で消えてしまう文字情報ギルドTL。その一部が手元に残っていました。いつかの会話・もう見ることのない名前を眺めてはいろんなことを思いました。


一つだけ挙げるなら「生身の人間が確かにそこにいた」。画面の中だけの存在じゃない。それぞれの現実の暮らしの中で、時間を割いてここに集まっていた。出自も趣味嗜好もバラバラ。本来出会うことはなかった。


そんな我々はしかし、長い人生の中で一時だけ、確かに同じ方角に向かって歩いていました。針は次第に向きを変え、恐らく二度と交わることはない。


・・・ですが時に、ここに遺した過去の歩み—いつか好きだったもの・考えていたことを振り返り、明日へ向かって2回飛ぶ糧としていただければ幸いです。








どうでもいいけど『ツインテールの分け目なぞり隊』って名前のギルドがあったら入りたいとずっと思っていました。*1


遊んでくれてありがとう。我らがあつまき終身名誉女王陛下と激甘帝国に永世の栄光あれ。

おわり。






『ギルドマスター』という役割(ロール)

#コンパスには4つのロール―

スプリンター・タンク・アタッカー・ガンナーがありますが、実はもう一個あります。


『ギルドマスター』です。


集団の中で一人、一段上の視点レイヤーから空間を管理する。この通常プレイでは遊べないロールを一度やってみたかったというのもギルドを引き継いだ理由の一つです。

ギルマスになった時3つ考えました。


【①自分のギルドじゃない】
初代ギルマスのセンスと人柄で集まったメンバーである


【②ギルミギルドである】
メンバーはコミュニケーションを求めていない。フリメ目当て


【③いいギルドにする】
メンバーはコミュニケーションを求めていない。


・・・かもしれないが、酒場のマスター目線なら話は別。適度ににぎやかして「来てよかった」と思ってもらえるギルドにする
とはいえギルミギルドなので『ギルミが終わる』以上のことは求められていません。み。←ツイートミッション

4枠全部みギルドで埋めてタイムラインは一切開かない。純粋にゲームだけやりたい人もいます。私です。そんな人にも参加してもらいたい。

4つ考えました。



1. なんかしゃべる

ギルドは多人数参加型のコンテンツですが、メンバーが使える機能は『タイムライン』ただ一つ。ここをどう動かすか。

書いてもらうには読んでもらう。日々の過酷なバトルの息抜きになるような話を適当にします。なんかしゃべればリプくれたり、自分も書いてみようかなってなってくれるはずです。


ただここはギルミギルド。本来期待されているのは静けさ。誰の気も使わなくていい気楽さ。そんな場に未読マークを叩きつける以上、話題には気を付けなければならない。

なので100人いたらなるべく100人が興味ありそうな、かつ不快感のない話をします。コンパスか天気の話しとけばいいだろ(適当)



2. レスポンスを返す

するとだんだん雑談ギルドみが出てきて、ぽちぽち書き込みが増えてきます。ここで必ずリプライを返します。『しゃべればなんか返ってくる雰囲気』を作り、場を暖めます。

最初は一人で全レスしていましたが、だんだんメンバー同士で会話が弾むようになってきてまるでうどんでした。

わからない話が出てきた時にまあいいかってスルーしてしまったのが一番の心残りです。知らない人しかいないTLに書き込むのは不安しかないはず。書き込んで反応がなかったら寂しい。


3. お題を出す

ギルドの機能はTLしかないと見せかけてもう一個あります。『メンバー一覧画面の一言コメント』です。ここをどうにか使えないか、また読む専のメンバーにも参加してもらう仕組みはないかと考えたのが『お題』です。

会話の基本はQ&A。質問を投げかけ答えてもらう。コンパス以外の話も自然にできました。

交流を目的としないギルミギルド、TLには現れないメンバーもたくさんいます。私も、というか私が一番そうなのでよそでは一切しゃべりません。そんなメンバーも、ギルドにストレスさえなければずっといてくれます。(誰か抜けると)やっぱつれぇわ。


4. ギルマス専用機能を活用する

ギルマスは

  • ギルド名
  • ギルド紹介文
  • TLの上についてる電光掲示板みたいなやつ

の3つを編集できます。

電光掲示板には自分も知りたいステージローテーション、たまに夜中の2時から始まる時もあるメンテの情報を書きました。ギルド名は1日だけ変えました。



エイプリルフール2020


~終~




(タップで展開)

*1:短縮名は【天下】