SOUL'd OUT LIVE TOUR 2012 "so WHAT!? mania"

f:id:kalikan:20121216202901j:plain:w240
12/16(Sun) 18:00~
in 新潟 GOLDEN PIGS

セットリスト
01 kopernik
02 カーテン・コール
03 1,000,000 MONSTERS ATTACK
04 Singin' My Lu
05 COZMIC TRAVEL
06 Sue
07 SHUFFLE DAYZ Pt1&2
08 Magenta Magenta
09 SUPERFEEL
10 Stay Gold
11 TANK
12 IMA
13 GAME
14 BASTARD
15 ウェカピポ
16 Unisong
17 ニタニタTHERAPY
18 MEGALOPOLIS PATROL
19 To All Tha Dreamers
20 soooooooo_mania

e1 VELVET ROMANCE
e2 Starlight Destiny


 明後日新潟にソウルドアウトが来るらしい。えあさって?!とりあえずチケットを買ってから考えることにした。日本男児は物心つく頃音楽を聴き始めるが、その頃から今まで聴き続けている唯一無二の三人組。
 
 ・・・
 
 はじめてのライブハウスにはじめてのプロのライブ。スタンディングはさっさと入って位置取りすべしというセオリーなど露知らず物販コーナーをうろうろ、2chのアドバイス通りタオルを買ったがストラップも買えばよかった。左方の壁際をどうにか陣取るとそんなこんなでスタート。
 
 ・・・
 
 序盤お気に入りの二曲が立て続けにきて「私の為にこの日が来たのだな」と悟る一方で、周囲に合わせて爪先立ちでリズムを取る自分を客観視していた。"人格形成とは環境" まあ冷めた育ち。メンバーを生で見た瞬間の衝撃も束の間、心を一色に塗りつぶすほど目の前の出来事に集中できないのか。
 
 ライブは進み7曲目。2バージョンあるSHUFFLE DAYZを織り交ぜて歌うというライブならではのパフォーマンスに、漸く来た実感が湧いてきた。"俺たちは知っている 本当は誰も自分のために歩き出す事などできないことを"の句が印象的な9曲目SUPERFEEL。気づくと、当初寄りかかっていた壁際を離れステージにぐいぐい引き寄せられていた。
 そして10曲目、Hiのソロ曲Stay Gold。以前のソロ曲に比べて落ち着いた曲という感想を持っていて、また再始動前より痩せた?という記事を目にしていたこともあり、「もしかしてまだまだソロ(再始動前三人は各々ソロで活動していた)やりたかったんかなあ」とかいらん勘繰りをしていた節もあったのだが一瞬で吹っ飛んだ。「地方最後だぞ!」と煽られ湧き上がる場内。Diggyが嫉妬するんじゃないか?ってくらい盛り上がった。マイクからスピーカーを通して、一句一句の音の圧が逐一胸を押していて息苦しくもあった。めっちゃかっこよかった。
 12曲目のIMAもしっとりした曲のイメージに反して、目を瞑って張り上げる"Ima be bye ya"のコールが気持ちいい。マスクがうっとおしくてポケットの中につっこんだ。続いて銃器のようなイントロでもう一発でそれと分かる1stAlbumよりGAME。ふらついてきた所で三人が一旦はけ、Shinnosuke一人がステージへ上がりインスト曲BASTARDで一休み。
 
 その後はデビュー曲ウェカピポからどんどん上がっていって何かものを考えながら見ていたのもこの辺りまでで、もみくちゃになってステージ前列まで押し込み押し込まれていってラストmania。Diggyは天井のコードにぶら下がってぐんぐん俺達の方に来ては観客のALIVEキャップかぶって自慢気な顔してみたり、Hiは二回もダイブしたりでもうめちゃくちゃ。20曲やりきったDiggyはスタッフに抱えられながらステージ端へ去っていった。
 
 ・・・
 
 encore
 "止まらないこの街でまた明日を信じられるのなら 今はそれだけでいいだろう"