親戚と家康の墓参り

シビレたい夢ならココ(群馬の旅館の売店)にある




スマホ用スライド

※スマホを左に倒して、→ 方向にスワイプしてね

   ___
  / || ̄ ̄||   ∧∧
  |  ||__||  (   )
  | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
  |    | ( ./     /

   ___    ゴキッ
  / || ̄ ̄|| <⌒ヽ ))
  |  ||__|| <  丿
  | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
  |    | ( ./     /




PC用スライド



あとがき:写真を撮ることの意義

あなたはどんなときに写真を撮りますか?

はじめて撮ったのはいつですか?


私は高校の修学旅行のときに撮りはじめました。

当時は写真を撮る人も見る人も今よりずっと少なかった。



ガラケーなう(平成20年代)


スマホがこの世になかったからです。



いろんな場所で写真を撮りました。

通学路途中のため池。誰もいない公園。冬の海。二限目が始まる頃、ようやく学校の玄関にたどり着いては引き返す毎日。家にも学校にもいられないなんにもならない一人の時間。誰か隣でこの景色を一緒に見てくれたらなあ。


人間は感情を共有したい生き物だといいます。その場所で感じた空気。匂い。思ったこと。考えたこと。悩んでいたこと。しかし、写真という媒体にはそれらの一切が含まれない。


いつか隣に誰かがいたとき、私は一枚も写真を撮りませんでした。今見ている景色は二人だけが覚えていればいいと思ったからです。自分の撮った写真を見返すとき、そのことだけを思い出す。